いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

美女と野獣

【概略】
進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル。ある日、彼女は野獣と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹かれていくベル。一方の野獣は…。
ロマンス


.0★★★★★
ベル役にエマ・ワトソン、野獣役にダン・スティーブンス、ガストンにルーク・エヴァンズで、観に行かないとかありえないでしょ~!と映画館にて鑑賞。字幕版。
楽しみに待ってた甲斐あった、凄く良かった!!野獣の歌声と声に痺れました。

序盤の「あの子は変わってる~♪」の楽曲でノリノリあげあげの気分に。
ディズニー印なので安心のクオリティなのは勿論だけれども、ディズニーアニメ版とそんなに違わない展開が嬉しかった。
オリジナル版で使用されたすべての楽曲が本作にも使われているし、ベルと野獣のダンスシーンはドレスの色も同じで更に実写ならではのきらびやかさでより美麗に表現されているし、あの曲が聴きたい、あの名シーンが観たいという願望をかなえる演出だしで、隙のない作品になっていました。
女性なら、ときめかないのかなあ…これ。ディズニーアニメ版の「美女と野獣」が凄く好きなもんで(野獣が可愛らしい)余計に思い入れがあって、どうなのかなって思ってたけど、いやいや凄く良かった。
王子に戻るシーンもディズニーアニメ版だと「内面を愛したのになんで王子に戻っちゃうんだよ(せっかく野獣がカッコ可愛いのに)」と思うところが、ダン・スティーブンスさんなのでなんか納得したり(笑)でもやっぱり野獣のほうがいいな!私はね!(ベルのひとこと「ひげを生やしたら?」じゃないけど、ひげがあったら違うかも?)
またガストンのうざさがなんか顔つきまでピッタリで…ガストンの歌けっこう好きなんですけどね。

エマちゃんはとてもキュートで可憐に描かれていました。こんなに可愛かったっけ!?と思うシーンもあり…。黄色と青の正装スタイルでのダンスシーン…素晴らしかった!色使いもドレスも美麗で、うっとりしてしまいました!!エマちゃんのベルがくるって回った時に、ドレスの裾がふわふわっと広がるんですよ。ほんとこれ、ドリーム!
数々の知ってる楽曲は勿論のこと、オリジナル曲も良かったし、なにより、野獣の繊細さがたまりません。恋愛小説を読む野獣、雪だまをぶつけられる野獣、狼と戦って傷を負う野獣、そういえば野獣の入浴シーンもあったな、萌えキュンとはこのことだ!
個人的にはアニメ版に+αな実写化は大成功と思っているのですがどうでしょうか。
チップのお皿攻撃も可愛かったしー。
難をいえば、私の目が!疲れてて!かすんだことくらいでしょうか!!くそぅ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。