いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ビバリーヒルズ・チワワ

【概略】
ハリー・ウィンストンのダイヤモンドのネックレスにブランド物のファッションに身を包んだ、ビバリーヒルズの大豪邸に暮らす“スーパー・セレブ犬”のチワワ、クロエ。飼い主の留守中にクロエの世話を頼まれていたレイチェルは、友人に誘われたメキシコ旅行にクロエも連れて行ってしまうが、なんとそこでクロエが行方不明に!超セレブ犬が一転、見知らぬ街でノラ犬に!?
アドベンチャー


.0★★★★☆
ディズニーの犬もの作品の1つ。セレブなチワワ犬のクロエがひょんなことから野良犬生活。
セレブ感と、犬馬鹿っぷりが笑えちゃいました。この作品ではそのセレブ犬っぷりを茶目っ気たっぷりに演出してます。上品で我侭まさにお嬢様なクロエはメキシコで、ドッグ・ファイト組織につかまってジャーマン・シェパードのデルガドに助けられます。迷子になったクロエをデルガドが護衛しながら二匹はビバリーヒルズに帰ろうとするんですね。

この元警察犬のデルガドが格好良かったー!私が犬なら絶対これは惚れちゃうね!「振り返るな、振り返るな …俺は何をしてるんだ! クロエー!」なんでこれで恋に落ちないの?(笑)まるで身分違いのロマンスもののようだ。でも渋いデルガドのことだからロマンスめいてもきっと「あばよ、嬢ちゃん(振り返るな俺)」と(笑)自分から身を引きそうだよね!
一方、勿論行方不明のクロエを捜索する人間サイドでは、クロエ愛に燃えるワンコ・パピが大活躍。パピは男前だったよねー。時には詩人に時には騎士に。ラテン気質のロマンチストなんだけどニ・コラソンのクロエのためにがんばります。も~元気いっぱい!

クーガー戦でのデルガドのナイトぶりにもときめきましたが、いまだ隠れろ!でデルガドの足元に隠れるクロエがたまらなく可愛いかった(何この萌え展開)。この二匹可愛すぎるよ!「違うだろ」とデルガドに突っ込まれたクロエ、そこに助けに現れたのは数百匹のチワワ!
アステカの谷間に住むチワワのモンテスマ一家との出会い…チワワとしての誇り、愛玩犬からの脱出…ノー・マス!ってのも皮肉がきいてましたが、それだけじゃなくて後半の布石にもなってましたね。旅先で出会う犬や動物達それぞれの価値観や気持ちに触れて、次第に我侭だらけのクロエも変わっていくんですね。
ストーリーがただの犬好き向けの作品でなかったのも良かったですね、犬ものはそんなに好きではない私ですが、これは結構面白かったです(ワンコで妄想できるくらいさ笑)。チワワって歴史深いんだなあ…!