いやいやえん@引っ越しました!

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ダンボ

【概略】
サーカスに生まれた赤ちゃん象のダンボが、大きな耳のため笑いものになり、のけものにされながらも仲間たちに励まされ懸命に練習を重ね、ついに自由自在に空を飛べるようになる。
アニメーション


.0★★★★☆
はい、ディズニーのダンボですね。小さい頃見てたときや弟に見せていた時には気付きませんでしたが、意外と短いストーリーだったんですね。60分弱くらいしかありません。
親子の愛情とかダンボが可愛いとかストーリーがどうとかいうよりも、ですね…とにかく特筆すべきは「ピンク・エレファンツ・オン・パレード」でしょう!!
これ…笑えると同時に怖くなるトラウマになる映像と音楽なんですよね。
多分見たことある人なら分かってもらえると思いますが、あの影映像のシュールさがたまりません!凄いよね!まずはあの音楽。あのピンクのゾウたちのノリノリの足運び。見てるこちらもつられそうになる、それでいてあの怖めのくるった歌い方…しびれてしまう。一度聞いたらしばらくこの曲は頭から離れませんよ。昔は本当にこの曲怖かった…と同時に惹かれてました。ここのシーンを何度も何度もみました。
サーカスの化粧したピエロ人間たちも面白いと同時に不気味さがありますよね。火事のシーンの「私のベビーちゃん」とかも覚えていてつい笑ってしまった。人間たちやいじわるなゾウたちにピーナッツをぶつけたりとかの直後の超まるめこみな大団円の怒涛の展開はある意味ですごいですが、まあ、子供アニメなのでね。
カラスたちが歌う「もし象が空を飛べたら」なんかもリズミカルで覚えやすく、よく出来てます。この作品「音楽」がとにかくいい。列車のシーンやカラスの歌は勿論、ダンボが飛べたときの爽快感ある曲も良かったよねー^^


♪「Pink Elephants on Parade」♪ (吹き替えでしか見ないため日本語歌詞)
ほらほら おかしな気分 気分  ヒピティ ホピティ
ほれほれ ピンクのゾウだ
プルプル どこもかしこもみんな  ヒピティ ホピティ
ゾロゾロ ゾウたちのパレード
どうしよう どうしたの? なんでこうなる
まるで俺たち虫けらみたいだ  色つきのゾウはもうたくさんだよ
奇妙きてれつ なんとかしてくれ  世の中にこんなことがあるはずないよ
本当 どうにかしてくれ  消えろ ピンクのゾウたちのパレード
ピンクのゾウだよ ピンクの