いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

チャイルド・プレイ ~チャッキーの狂気病棟~

【概略】
チャッキーとの闘いの後、病院に入院したニカ。だが、精神科医がセラピーでチャッキー人形を使い始め、窮地に陥ったニカはアンディと共に再びチャッキーに闘いを挑む。
ホラー


.5★★★☆☆
チャッキー is Back!!ヤツらへの復讐が始まる!
この設定を使ってしまったら、ダメだろう。30周年記念最新作らしいが…楽しみにしていただけに、「何でもあり」すぎてびっくりだー。

1作目のアンディの愛らしさ。2作目のチャッキーの不気味さ。4,5作目のチャッキーの格好良さ。うーんもう何でもありだ。
前作で大人になったアンディの手によって銃殺されたと思われたチャッキー。
そこからの続きなのですが、どうやらブードゥーの呪文を唱えることで、「チャッキー」自身が増えるようです(!?)。
結果、3体に増えてしまったチャッキーのうち、1体はアンディが殺しますが、車椅子の女性ニカに乗り移ったチャッキーをアンディは殺すことができず(本作)、病院の人形とニカの体に乗り移ったチャッキーを取り逃がしてしまいます。(続編ありきか?)
アンディと「チャイルド・プレイ2」のカイルのその後を知れて嬉しい反面、やっぱりチャッキーにはアンディの体を乗っ取ろうとして欲しかったかなという一抹の寂しさ。でもそれってやっぱり子供のころのアンディ前提だから、年月の恐ろしさも知るというね。
それにしても前作もそうだったけど、なめらかなCGチャッキー、前作のようにキモさがあるかと思ったら意外と可愛くて。でも私はやっぱり昔のチャッキーが好きだな。

前作で車椅子の女性ニカのもとへ来たのは、チャールズがもともと家族の友人で「幸せな家族」ひいては母に執着したチャールズが母を監禁していたところへ警官が来て追われ、件のおもちゃ屋で死亡の流れだったんだよね。姉の子供アリスは前作の最後チャッキーがブードゥーの呪文を唱えてて、その結果アリスの体に乗り移ってしまったようです。そしてティファニーと一緒にいたらしい。アリスの体で色々やったあげく、「壊れてしまった」=死亡したということなのでしょう。そしてニカの体をいただく算段を。
そもそも前作で銃殺されたチャッキーは実は殺されていなくて、頭部だけで拷問されつつ生かされていたらしい。そんなアンディ嫌だ。でも陸軍兵学校にも入ってたからな~。
「時にはいいもんだよな。金曜の夜を親友と共に過ごすっていうのも。」「ギャー」

チャッキーが来ることで(ティファニー・バレンタインが持ってきた)それまで均衡を保っていた精神科に騒動が起きる。次々とセラピー仲間の患者たちが殺され、グッドガイ人形も2体ともにチャッキーになっている。
アンディはニカが無実だと知っていて面会を願っていたが、医師に首だけチャッキーを見せたところマジックだと思われて面会を却下された過去が。しかしニカが前よりもゆるい精神科に入ったことから、今度こそはと出向いてくる。
マデリンは子供を自分で殺した事から精神科に入ってる女性、彼女は最初にチャッキー人形をセラピーで使うことになったときに「これは私の子」と言って人形を離さなかったのだけれど、この人形と、アリスの形見としてティファニーが持ってきた人形、そしてさらに宛先不明で髪の毛が切られた人形が送られてくるのだった。(3体)

チャッキー3体の掛け合いはウケた(笑)

アーデーボ-クーエンべラー。
ニカはチャッキーに乗り移られてしまう。
その頃アンディはというと、面会に来てずっと捕まってました。なるほど、3体目を持ち込んだのはアンディが銃を隠すためだったのね。ちょうど銃がしこまれてた1体を倒すものの…。前述したとおり弾もなくニカを殺すことが出来なかった。
無事ニカの体を乗っ取ったチャッキーはティファニーと共に大胆にも病院を去る。
エンドロール後、カイルが頭部だけのチャッキーの前に登場、「アンディに言われたの。遊んでやってくれって」叫ぶチャッキー、という構図。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。