いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章

【概略】
“スタンド”と呼ばれる特殊な能力を持つ高校2年生、東方仗助。彼が暮らす杜王町は、緑豊かで平和な町。ところが最近、謎の変死事件が続発していた。それは凶悪なスタンド使いアンジェロの仕業で、ある事件をきっかけに仗助に対して激しい憎しみを抱くようになる。そんな中、仗助の前に承太郎と名乗る男が現われ、仗助は実の父親を巡る秘密と、奇妙な事件の背後に蠢く凶悪なスタンド使いたちの存在を知ることに。やがて愛する家族と町を守るため、自らの使命と向き合い、アンジェロとの戦いに身を投じていく仗助だったが…。
アクション


.0★★★☆☆
こんなのジョジョじゃない、ての前提での鑑賞なので、そこまで絶望しないでみられたよ。というか、成功してるほうの三池さんじゃなかろうか。目が腐ったかな?私。タイトル通りの奇妙な面白さで意外と楽しめました。
スタンドのビジュアルが意外と高評価ですが、これ実写映画というよりはCG映…オット。
確かに、バッド・カンパニーとの戦いは面白かったけど、意外性はない表現だったかなあ。手に汗握る暇もなく呆気ないし。まあ邦画でもここまでCG出来るってのはわかりました。
こういう原作ありき且つ人気が尋常じゃないものの実写化がどんだけ難しいかってのはわかってるけど、わかってるけど、再現の度合いや忠実度を求めてしまうのは、仕方ない。
20代後半の丞太郎が40代の伊勢谷さん(いや、わかるよ、日本人俳優を使うあたりで今丞太郎を演じれるのは確かに伊勢谷さんくらいじゃないか)とか…
でもさ、ファンはこういうの(↓)を求めてるよね。いや、無理だってわかってるけど。

この仗助なんて、荒木先生の描く絵そのものじゃないか。(下段真ん中)
海外のコスプレは再現度高いなーというか、荒木先生の描く絵がそっち系だからはまるんだろうなああ。
世界的に有名な日本の漫画のひとつでもある、荒木飛呂彦先生の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。人間賛歌を中心に世代を超えて受け継がれる壮大な物語や、極めて個性的なキャラクター、独特な表現等もあって、熱狂的なファンが多いことでも知られる原作。私もいちジョジョラーとして、実写化は絶対無理と思っていただけに、この四部の実写化の報を聞いた時は、絶望と混乱、そして不安が大きかったです。公開前PVやビジュアルが出るたびにため息をついてしまったり…PV最後の山崎賢人さんの「グレ~トだぜッ…!」を聞くたびに絶望の淵に立たされたり。
いや勿論ダメですよ、こんなのジョジョじゃないですよ。でも「っぽい」雰囲気は再現できてるんじゃないの? キャラはコスプレ感が拭えないけど、割り切ればそこまで駄作感はないんじゃないの、みたいな。…何この自分を信じるんだ的な気持ち。
仗助の声が細えええ!!とか、露伴ちゃん出ねーのかよ!!とか、最後のアレはなんですか、静かに暮らしたい吉良が爆発なんて人目ひくことするかね?とか、そもそも劇中で「DIO(ディオ)」と一言も出て来なかったので、弓と矢の存在もコレあまり重要に描かれないのかなあ?と続編にも、はや不安の影が…。DIO関係の話がないから、虹村パパの存在も中途半端だ。あとオーソンがないのも減点で杜王町が思ってた以上に外国でしたね、まあここで奇妙な感覚が生まれるんだけども。話の構成が原作とちょっと違ってて、でもそこでうまくフォローされてた感じもある。件の殺された16歳の女子高生って鈴美おねーちゃんのことだよね?実写の「クンクーン」がみられるのか…?
でも、まあ、見てみぃよ。ドラゴンボールなんてほら、別作品だったからね?それに比べたらほどほどジョジョっていたと思う。そこ大事ー!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。