いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

天使のくれた時間

【概略】
恋人のケイトと別れ、大手企業の社長になり成功を収めたジャック。ある朝、目覚めた彼の周囲にはケイトとふたりの子どもがいて…。
ロマンス


.0★★★☆☆
金も地位もあり仕事もすこぶる順調な大手金融会社社長ジャック・キャンベルは、偶然出くわしたギャング風の男を優しく諭したことが切っ掛けで、一時の「きらめき」をプレゼントされる。独身生活を謳歌するジャックに唯一の心残りがあるとすれば、13年前のあの時、あの場所で、辛い別れを告げた恋人ケイトへの微かな想いだが……。
ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ共演。
この時の幸せな家庭を築いているティア・レオーニがめちゃくちゃキュートでたまりません。「あったかもしれない別の時間」を歩むことで本当の幸せを見出すファンタジー作品ですが、要は恋人を捨てて社会的に大成功した男がクリスマスイブに見る奇跡で人生観が変わるという物語。
人生の良し悪しは誰にも決められません。社会的な成功、家庭での充実、おかしなことでこの二つが充実してる例ってそんなにないんですよね。
庶民からすればまさに憧れの生活を送っていた主人公ジャックだからこそ、のちの説得力がまったく違います。当初はすぐに元に戻せと言っていたジャックが、徐々に自分が選ばなかった方の暮らし…笑いが絶えずあたたかい家庭生活に惹かれていく過程の丹念さは目を見張るほどです。
何を幸せと感じるかは人それぞれだけど、最終的に主人公が選んだ「幸せ」にはつい涙してしまう。
ただ、13年後の高給とりの弁護士ケイトからすれば、もう許してるとはいえ、急に昔の男が現われて、話したいって気持ちは伝わるものの(それは懐かしむと言う意味での好意はあるよね)でも突然言い寄られたら、私だったらストーカーかと思うわ(笑)
ジャックが「この瞬間を忘れないでくれ」といっていた、あれを思い出すというか「なんだか私も…あら?なにかしらこの気持ち」的な展開だったらわかるんだけどさ^;

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。