いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

あぁ...閣議

【概略】
新人大臣・小野塚は、官房長官が提案した「日本国民は男女の差なくブラジャーやパンティを着けてはならない」というとんでもない法案に反対するが…。
コメディ


.0★★★☆☆
日本国最高意思決定機関『閣議』。総理大臣および閣僚が一堂に集まり、話し合いの内容が絶対に外には漏れることはない。小野塚は、官房長官が提案する「法改正」に疑問を持ち一人で反対する。それは「日本国民は男女の差無くブラジャーやパンティを着けてはならない」というトンモデナイ法案だった。
官房長官・村西には別の考えがあった。大臣の中に女性下着を着用する変態がおり、その人物は世間をにぎわす収賄事件に関わっているのだという。つまり法案はその犯人をあぶりだすためのものだった。でも収賄はともかく、変態部分に関してはその人の自由だと思うな^;
おいおいこんな法案でいいのかよって小野塚に味方する者、変態&収賄を疑われちゃかなわんと法案に賛成する者。実際の閣議がどうなっているのかってわからないですから、こうなのかなー?っていう風に見れました。
話はむちゃくちゃですが、言ってる事やいそうな閣僚など展開はありえそうですし納得がいくものでした。ただオチはいまひとつだったかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。