いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの

【概略】
ナマケモノのシドが氷の開いた穴に落ち、そこからティラノサウルスの卵を拾ってきてしまう。生まれてきたティラノ・キッズのママになろうと奮闘するのだが、本物のママが現れ…。
アニメーション


.0★★★☆☆
マンモスのマニーはエリーが妊娠して幸せいっぱい、サーベルタイガーとしての自然の本能が薄れそれぞれ別の道へ行ったほうがいいのではないかと迷うディエゴ、いつもどおりのほほんとしているナマケモノのシド。シドが氷河の真下でみつけたの3つの卵は実はティラノザウルスの卵だったというもの。
相変わらずのどんぐり命のリス(?)も笑わせてくれる。シドはすっかり生まれた恐竜の子供達のママ気分で育てようとするんだけど、ママ恐竜に見つかり、恐竜ワールドへ連れ去られてしまいます。果たして3匹の友情はどうなってしまうのか、マニーの子供は無事にうまれるのか、がテーマ。
地下の恐竜王国では絶滅したと思われていたどでかい恐竜達がたくさん。そこで出会うのが片目のバック。ルーディというボス恐竜や溶岩や火山や恐竜などのハプニングをいつものドタバタで乗り切る仲間達。母は強し。
どんぐり命のリスのラブストーリーがあったのが可笑しい。好敵手ルーディとの戦いを人生にしているかのようなバックのキャラは好感もてました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。