いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

赤ちゃんと僕

【概略】
ケンカに明け暮れ、何かと問題を起こす高校生ハン・ジュンス。学校に頻繁に呼び出される息子に手を焼いた両親は家出をしてしまう。そんなジュンスの元に「あなたの子よ」と手紙と一緒にウラムという赤ん坊が目の前に!?クラスメートの天才少女に協力してもらいながら、ジュンスは仕方なくウラムの面倒をみるが…。
コメディ


.0★★★☆☆
昔同じタイトルの漫画がありましたね。アレも面白い作品でしたが、これは問題児の高校生が赤ちゃんの世話をするというどたばたハートフルコメディ作品です。
それにしてもこのウラムと名づけられた赤ちゃんがとにかくめちゃくちゃ可愛らしい。

これでもか!

これでもか!

…というほど愛らしいです。この赤ちゃん(メイスン君)のかわいらしさがもうとにかくたまりませんよ!
…が残念ながら赤ちゃんの(吹き替え?嘘んこ会話)が微妙なオヤジ声なのには引きましたよ^;あの可愛さであの声はないんじゃない…。ベイビートーク的なものを演出したかったのかもしれないけど必要ない演出だよね。
それにしても韓国映画って極端だよねー^;
つい電車内に赤ちゃんを残してきてしまい「あれ…これってこのままでいいんじゃないか?」と思ったジュンスは一度は自宅に戻るものの、自宅にある子供用具をみて思い直す…王道の絆ものですが、まあ赤ちゃんは勿論自分の子じゃないしストーリーは昼ドラ並みなんだけど、とにかく赤ちゃんが可愛すぎでした。ラストの手を伸ばす仕草もいいなぁ。
学校の制服も漫画でありそうな可愛さでいいなぁ。ヒロインの天才不思議少女の設定は特にいらない設定だったかもしれませんね。EDのメイスン君の映像もキュート。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。