いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

あかね空

【概略】
実直な働き者の豆腐屋夫婦、長屋の人々の善意、親子の情愛---江戸、深川蛤町の職人長屋。京で生まれ、京の豆腐屋で修行して、江戸で店を持つためにやってきた永吉(内野聖陽)は、近所に住む桶屋の娘おふみ(中谷美紀)と出会う。お互い惹かれ合うものを感じた二人は、京の豆腐を江戸で売り出すために力を合わせ「京や」という店を持つが、京風の豆腐にはなかなか客がつかなかった。
時代劇


.0★★★☆☆
山本一力の感動作「あかね空」の映画化。
いかにもCGではありましたが、永代橋がよみがえってたよ!!!
内野聖陽さんが栄吉を、おふみを中谷美紀さんが演じていました。
「いま作りましたよ」的な生活をあまり感じられない町並みだったのが残念でした。
確かにいろいろはぶかれてますし変えられてますし、欲を言えば限りないですが、あの長編をなんとか上手くまとめてたような気がします。
後半部のおふみがだいぶまとも(原作の前後での醜悪な変貌ぶりが薄かった)に変えられてたのが残念だ…。まあ、吾郎のイメージも違いますし、朝の連続ドラマにでもしないとあの原作はうまくまとめるの無理そうですもんね。
でもね~~~やっぱりこの作品のキモである、あかね色に染まった空だけはCGやめてほしかったです! しっとりと心があたたまる佳作です、やっぱり江戸はいいなあ…。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。