いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

【概略】
衝撃的なラストから1時間後、狂気に満ちたソーヤー一家は村人たちの手によって惨殺される。それから20年後、養父母に育てられたヘザーの下に、祖母の遺産を相続するよう書かれた手紙が届き…。
ホラー


.0★★☆☆☆
「悪魔のいけにえ」の正当続編として、惨劇から1時間後から話は始まります。からくも逃げのびたサリーの通報によってあの一家は惨殺されていた。しかし…。
20年後、ヘザーは養子だと打ち明けられ、友達たちと財産相続のため出生の秘密が隠されたテキサス州ニュートへと向かうことに。
あれっ一家ってこんなに人いなかったよね?何で親族集まってんの?と思いつつ…村人たちの極端な制裁も昔ならではという感じですか。前作にもあった動物の死骸は、同じもの使ってるのかなー?
たどり着いたのは豪邸でへザーたちはキャッキャ。しかし地下でレザーフェイスは生きていたんですね。へザーたちは襲われます。警官カール役でスコット・イーストウッドさん、イケメン(「トランス・ワールド」にも出演)。からくも一人逃げ出して警察に保護されたヘザーは、昔の証拠をみて真相を自らの「家族」たちの惨殺事件を知ってしまうんですね。それと共に生き残りだとして町長一派から追われる羽目に。
なんか普通のホラーだなとかそういう前に、レザーフェイスがちょっと可哀想になってきちゃう…感じ?
前作見た直後だからかなあ、狂気がないんですよね。エンディングロールの後にもおまけがあります、お見逃しなく。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。