いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

悪魔の倫理学

【概略】
とあるマンションの一室で、美しい女子大生ジナが殺害された。隣の部屋に住む警察官のジョンフンは、ジナに思いを寄せるが余り、彼女の部屋を日々盗撮していたのだった…。
サスペンス


.0★★★☆☆
偽善の警察官、残忍な闇金業者、傲慢な教授、狂気のストーカー、女子大生殺人事件に関わる下衆男たちの本性と事件の顛末を描いたサスペンス。
マンションの一室で女子大生・ジナが殺された。彼女を周りには盗聴してる隣人ジョンフン、不倫してる大学教授キム、ストーカーしてる元彼ヒョンス、金のために無理やり働かせる金貸しパクという男たちがおり、それぞれの存在を知った彼らは互いを陥れようとするが…。
登場人物たちは皆自分の理の為に行動する、この彼らのエゴイズムは傍から見ると滑稽でさえありますが、彼らの関係が、終盤意外な展開を見せていきます。コメディタッチ…というわけでもないのですが、どこかコミカルな部分のある作品でした。
「犯人は誰?」ではなく、それぞれ…プライバシーを妨害し続けていたジョンフン、傲慢に自らの思い通りにしていたキム教授、金のために彼女を動かし続けたパクたち「も」、死のきっかけを作ったという事で悪いでしょ?ってことなのでしょうが、(あ、殺した犯人はヒョンスです。なーんだ、簡単)それぞれがそれぞれを「許せない!ジナは俺のものだったのに!」とずっと偏執的に思い続けていてこんがらがったまま終わってしまうのが面白い部分でした。

いわゆる四つ巴のクライマックス。どんでん返しと思えるものは、なかったです。なので、キャッチコピーの中の「あなたの予想は必ず外れる」は「えーそうかー?」程度。確かに予想外の展開にはなりましたが、キム教授の奥さんが出てくるところもなんとなくステレオタイプっぽい演出に思えて…。
「嫉妬」殺された女子大生のジナと大学教授の関係を知って、元カレが怒り彼女を殺してしまう。
「金」多額の借金を抱えたジナが殺されたことで、借金取りが怒る。
「奪取」ジナの声を宝物にしていた変態警察官は、その宝物が奪われたことで怒りが爆発し、手製の拳銃を持って殴り込み。
「妻」夫の裏切り(浮気したとしても一度寝た女と二度は寝るな)が何より許せなかった。知り過ぎた借金取りを殺し、真犯人の元彼を逃がし、夫とは離婚。人類最強は金持ちの女!しかし、最後に…。
結局この教授は色を諦めておらず、強請ろうとしている目撃者女性も、危ない結末が待っていそうだ…ということかな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。