いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アップタウン・ガールズ

【概略】
今は亡き伝説的ロックスターの娘モリーは、父親の遺産を会計士に持ち逃げされてしまい無一文に。モリーは、可愛げのない少女・レイのベビーシッターをすることになるが…。
青春


.0★★★☆☆
ブリタニー・マーフィとダコタ・ファニング共演。
ダコタちゃんが潔癖症で大人のような子供を、ブリタニーがお金持ちの世間ずれしたお嬢様を演じていました。
8時間眠らないと免疫システムが崩壊しちゃうの!とか笑えましたね。ダコタちゃん演じるレイの非常に冷めた物言いが子供らしくなくて苦笑いなんだけど、気持ちはちょっとわかるんだよね。他人に甘えられないという部分も。
正反対の2人は反発し合いながらも徐々にうちとけ合うという展開ですが、2人のギャーギャー騒ぎながらなのが非常に可愛らしくてよかったですね。普段厳しい物言いのレイがしおらしい部分がみえるとほんとにチャーミングでした。やはりダコタちゃん上手いですよねー…大人なみの演技力(大人以上?)で、唯一ああやっぱりまだ子供なんだなと思うのがラストのバレエソロでのシーンだけでした。子供である部分ってのをまた上手く使って演じてると思う。遊園地での腹パンチシーンなんかとくにそう思う。
ブリタニーの衣装がすっごくかわいかったなー個人的にお気に入りなのは、シッター初日のジーンズスカートですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。