いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アナベル 死霊館の人形

【概略】
出産を控えた妻のミアに、ビンテージ人形をプレゼントしたジョン。そんなある日、隣家の夫婦を惨殺したカルト信者の男女がミアに襲い掛かる。
ホラー


.0★★★☆☆
死ヌマデ、遊ンデ。
「死霊館」に登場した恐怖の人形の誕生秘話が、今ここで明かされる。ジョンが妻ミアのために用意した最高のプレゼント――それは貴重なアンティーク人形。だがその人形をもらった喜びも束の間、ミアたちの幸福は一転して惨劇へと変わる。
「死霊館」では看護師の女性たちのもとにあった人形(実際は布製)ですが、本作ではれっきと「アンティーク人形」として変貌。一応スピンオフ作品ということになるのかな。
ジェームズ・ワン監督がプロデュースにまわった作品って、悪くないけど本人が監督した作品よりちょっと物足りないってのが多い気がする。この作品もそうだった。

ストーリーはアナベル人形に呪いがかかった理由や、それが引き起こした惨劇を描いて行く事になるのですが、ここはちょっとありきたりではあったかな。
要は、隣家の娘のアナベルが、ある日男とともに帰宅するんだけど、2人は悪魔系のカルト信者になっていて、両親を殺害した上にミアたちも殺そうとする。幸い警察や夫のジョンに助けられ、男もアナベルも亡くなるのだけれど、その時アナベルが抱えていたのが例の人形で、アナベルの血が人形にポタリと滴り目の中に飲み込まれて行くんですね。この結果アナベル人形には悪魔が宿るというわけ(悪魔を現出させるために人の魂が必要だった)。

さてそうこうしているうちに、妊婦だったミアは無事女の子を出産するも、おかしな事件が起こり始めるんですね。
恐怖表現は、古典的ではあるけれどぞっとさせられるところもあって、なんか納得出来るのは大抵こういう場合周囲の人間や夫は信じなかったりするものだけど、本作では逆に一緒になって恐怖してくれて、かつ恐怖がじわじわと真綿で首絞められるようなものであったところが好ポイントだった。人形だと思って叩きのめしたのが実は自分の子供だったシーンの絶望感たるや。
そうそう神父に人形を渡して「死霊館」のメインキャラであるウォーレン夫妻と思われる人物を出す事で「お!」と思わせられたりも。
後半、ミアの身代わりに悪魔に魂を捧げようとする友人エブリンの唐突な行動に「?」ってなるんだけど、何か意味があって生かされてるって言ってたので、それがこの時だと思ったんだろうね。でもまぁそれでも唐突かな。
しかし、まさかアナベル人形が「飛ぶ」とはね…。
全体としては恐怖レベルは普通でしたが、死霊館の前日譚とすれば、まあこんなものだろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。