いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アラン-阿娘-

【概略】
停職処分から復帰した女刑事・ソヨンは、新米刑事・ヒョンギと男性変死事件の捜査を担当することに。ところが、捜査を開始してすぐに被害者の友人ふたりが同じような変死体で発見され…。
ホラー


.0★★★☆☆
韓国ホラーです。
学生達に幽霊が出るという噂の塩倉庫。冒頭から少女と女性の霊。
「塩の村へ招待します」のメールが届いたら、そこには塩倉庫がムービーで送られてきて、女性の霊が出現、殺されてしまいます。
ソヨンは新米のヒョンギと共に男性の変死事件を調べていくうちに、知人同士で死んでいる事を発見、その関連性を見つけていくんですね。遺体は全て窒息死、体内からの青酸ガスで死んでいた。
長い黒髪女性の霊は、やはりもう恐怖の対象として定着しているのでしょうか。風呂場の髪の毛が一番怖かったわ~あんなのべったりついてたら嫌だわ~。車の中の髪の毛も勘弁。
序盤で刑事になった理由と将来なりたかったものを聞いていましたね、それが犯人とソヨンにも関わってくる。しかしなぜ犬の死骸になにかあると思ったんだろう。これが刑事のカンってやつ?とにかく犬の体の中にあったテープの中には複数の男に強姦されている女性の映像があった。
霊と殺人とをあわせたサスペンス・ホラーになっていましたが、霊部分は幻覚か?動機は復讐。
塩の山の中で腐敗せずに美しく残っていた遺体は哀れでした。犯人の10年の想いも。でもソヨンは犯人の自害は止められたはずなのに、何か変な展開になっちゃってたなー。「母親と娘」の絵が不気味でしたね。
少女の霊は10年間出てこれなかったあの赤ちゃんの遺体だったんだね。水子でもいいのに成長してるとは…。
ラストもおかしいといえばおかしい。ソヨンが探していた例の手の男性、性犯罪者だからあのメールが届くのか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。