いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アンダーワールド 覚醒

【概略】
人類による非人類種への粛清が行われ、ヴァンパイアとライカン(狼族)とのハイブリッドであるマイケルとセリーンは軍に捕らえられてしまう。その後、セリーンはアンティジェンというバイオテック企業で冷凍され、12年の間“被検体2"として実験台となっていた。“被検体1"の脱走がきっかけで覚醒したセリーンは脱走し、ライカンに襲われていたイヴという少女を救う。セリーンとイヴはヴァンパイアたちが暮らす地下世界に身を寄せるが…。
SFアクション


.0★★★☆☆
お話としては2作目の続編という形になりますか。セリーンとマイケルは人間に捕まり冷凍保存され実験対象とされていた。そして12年後…。
さすがに細かいところは忘れてるのですが、冒頭におさらいをやってくれるので再見しなくても問題なさそうです。それにしても製薬会社とか人間とかなんだかバイオハザードっぽい…。
セリーンの美貌と肢体は相変わらず美しく、アクションもバシッと決めてくれ、最強すぎず、適度な強さで華を添えてくれる。しかしマイケルってあんな顔だったっけ…?違う人を使ってるような気が??
今回出てくる謎の美少女は、なんとマイケルとセリーンの娘!セリーンも知らないうちに生んでいたらしい(作られた?)。セリーンたちを実験していたアンティジェン社(製薬会社)は、彼女から色々採取してたようですね。二人の合いの子ですもん、そりゃ色々と使えるでしょう。でも実はアンティジェン社の博士とその息子と同僚たちがライカンだったりと、やっぱりヴァンパイアVSライカンの図へと変貌していくのはいいですね。このシリーズはやっぱりそうでなくちゃ。見所はマッチョなライカンだと思います。
でも盛り上がってきたところで終わっちゃった…。デヴィッドが協力してくれる同族で続編にも出てきそうですね。
しかし、サクサクで軽快なんだけど、アクションもストーリーもどこか既視感があって、メインがこれ!みたいなものがなかった気がします。尺が短いですから、その分濃い演出が出来なかったというところもあるのでしょうか。総じて出来としては普通な仕上がり。でもまだ続くっぽいですから、次はどうなることやら。…で、マイケルはどこに??

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。