いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

ウィッチマウンテン/地図から消された山

【概略】
地球存亡の秘密が隠されたウィッチマウンテンを目指す兄妹と偶然出会ったタクシードライバーが、敵の追跡から決死の逃亡を謀る。
SF


.0★★★☆☆
アナソフィア・ロブちゃん、ドウェイン・ジョンソンさん主演。
わかりやすく、盛り上がるところは盛り上げて、大人から子供までみられる作品になっています。
それにしてもアナソフィア・ロブちゃん美少女になりましたね~。ほんと子役の成長は早い早い。セス役の少年はどこかでみたことがあるとおもったら、「ザ・シーカー 光の六つのしるし」の子でした。
物語は「TAXI」に不思議な力をもつ宇宙人兄妹が乗り込んだと考えると分かりやすい。目的地まで宜しく、政府関係者からは追われ…という感じです。ベタな展開と演出ではありますが、約束された安心感があります。だってディズニー作品ですから。
だんだんとセスとサラに情が移るジャック・ブルーノが良かったですね。
兄妹の目的は、軍事侵略なんかではなくて、地球と同じように大気汚染に苦しむ自分たちの星を救うための実験結果をとりにきただけでした。そこに侵略したい側の戦闘マシーンも絡んでくる。
ところでタイトルのウィッチマウンテンですが、最重要な何かかと思ったら、単に軍の施設がある(宇宙船が保管されてた)ってだけでした。なにか間違ってる…。
そしてやはり宇宙船の入り口は光の通路なのね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。