いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ウォーター・ホース

【概略】
第二次大戦下、アンガスはネス湖のほとりで青く光る物体を発見。家に持ち帰ったところ、恐竜のような見たことのない生きものが誕生する。「クルーソー」と名づけられた生きものは、みるみる大きくなり、ネス湖へ帰されるのだが…。
ファンタジー


.0★★☆☆☆
少年とウォーターホース(ネッシー)の友情物語。
ウォーターホースのCGは水と触れ合っているときはなかなかいい感じなのですが、やはり顔がCGっぽいのは仕方ないですよね。
少年を背にのせたまま水にもぐる場面場面はドキドキしましたね(絶対人間に合わせての呼吸とか考えてないだろうし!)
この作品は老人の正体もまるわかりだしストーリー展開はありがち、ラストも読める。いわゆる王道ものです。感動部分がちょっと薄くて私は泣けなかったので、そこは残念でした。
ラスト、新しい卵ができたってことは、クルーソーは… ・゚・(ノд`)・゚・。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。