いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

THE WAVE ウェイヴ

【概略】
やる気のない生徒たちに困った教師のベンガーは、クラスを「独裁国家」に見立てた実験を開始。やがてクラスはコントロールを失っていき…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
いかに人間を洗脳するのが簡単なのか、よくわかった。そして恐ろしい。
生徒たちは実習の授業から教師が作ったルールに従っていきます。それは簡単な事だった。先生には「様」をつけること、席を立って意見すること、白いシャツを着て授業に出ること。しかしそれに生徒達がチーム名、ホームページでのPR、ロゴマークをつけたり敬礼ポーズなんかを発案したことから、次第に「THE WAVE」にのめりこむ人数が増えていく。
「ごっこ遊び」はいつになっても楽しいもの。また集団での一体感・規律は快感でもある。あらゆることがこの組織・団体の中では正当化されることで、生徒達の狂喜は深まっていく。
たった1週間でこのぐらいならば、生まれたときから洗脳され続ければどうなるのかなんて、言わなくてもわかること。
個を捨て全体を求めるのはカルト教団や宗教に近いと思います。暴走した狂喜は破滅的な結末へ…。
団結は確かに力になる。でも独裁を赦してはいけない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。