いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ABC・オブ・デス2

【概略】
世界中から集められた気鋭のフィルムメーカー26人の精鋭監督が、振り分けられたアルファベットをテーマにして「死」を描くオムニバス・ホラー第2弾
ホラー


.0★★★☆☆
世界中から集められた気鋭のフィルムメーカー26人が、振り分けられたアルファベットをテーマにして「死」を描く第2弾!さあいきますよー。


【A】Amateur(アマチュア) エバン・カッツ

カッコ良くダクトに忍び込んで暗殺を企てようとした男だったが、実はそれは男の妄想で実際は上手くいかずにダクトの中で死んで腐乱死体に。


【B】 Badger(アナグマ) ジュリアン・バラット

原発近くでレポートする撮影スタッフが、穴の中にいる謎の獣に襲われる。


【C】Capital Punishment(死刑) ジュリアン・ギルビー(『プラスティック』)

少女殺しの容疑を村の裁判でかけられた男が森でリンチされる。実は冤罪だったという話。何度も斧を振り落とすが上手く首を断ち切れないので、最後はナイフで首を落とされる。


【D】Deloused(駆除)ロバート・モーガン

シュールなストップモーションアニメ。三人組がある男を解剖台に載せ奇妙な実験をする。実際に素材に肉片を使っているのか質感が良かった。


【E】Equilibrium(平衡)アレハンドロ・ブルゲス(『ゾンビ革命 フアン・オブ・ザ・デッド』)

漂流した男2人のいる無人島に女の人も漂流してきて…男二人の均衡が崩れ、争いが増えたので女を殺す。


【F】Falling(落下)アハロン・ケシャレス&ナヴォット・パプシャド(『オオカミは嘘をつく』)

イスラエル軍の女兵士が敵地に落下し木にぶら下がる。それをアラブ人の少年が発見し助けるが女は逃げ出す。その拍子に少年は木から落下。逃げ出した女は少年を助けるために木のところまで戻るが他のアラブ人たちに見つかり…。


【G】Grandad(祖父)ジム・ホスキング

ロン毛ニートの孫と、ロン毛ジジイの同居で…変態ジジイが孫を殺す。


【H】Head Games(駆け引き)ビル・プリンプトン

シュールな前衛アニメ。


【I】Invincible(無敵)エリック・マッティ(『牢獄処刑人』)

遺産のために120年生きてるらしい母ちゃんを殺す話。母ちゃんは「死霊のはらわた」みたいになって何をされても全然死なない…。


【J】Jesus(ジーザス)デニソン・ラマーニョ

ゲイの男を悪魔払いしようと親父と神父が苛烈な拷問を息子に加える。そのうち悪魔になった恋人が出てきて神父と親父を殺害。


【K】Knell(凶兆)クリスティーナ・ブオジーテ&ブルーノ・サンベル

向かい側のアパートの上で謎の黒い玉のようなものが蠢いている。その後、アパートの住人たちがそれぞれの家族を殺し始める。


【L】Legacy(遺物)ランスロット・オドゥワ・イエスマン

ナイジェリアにて土人の村で呪術師と悪魔が戦う。あまりにもチープな造形なのに成立しているのが凄い所だ。わざと画質の古いビデオカメラの撮影で昔チックな懐かしさすら覚える作品に。


【M】Masticate(かみつき魔)ロバート・ブーチェック

ドラッグをやったオッサンがブリーフ一丁で通行人を襲う様子を延々とスローモーションで写す。


【N】Nexus(連鎖)ラリー・フェッセンデン

ハロウィンの日、仮装して街に繰り出した複数の登場人物が最後に同じ場所で事故に遭う…それだけ。


【O】Ochlocracy(愚民政治)大畑創(『へんげ』『大拳銃』)

ゾンビが大多数になった世界で、ゾンビ殺害の容疑で主人公が裁かれる。


【P】P-P-P-P Scary!(ピ ピ PS 怖い!)トッド・ロハール

一応コメディ。全てが寒すぎる。


【Q】Questionnaire(アンケート)ロドニー・アッシャー(『ROOM237』)

町中で問診をして人間とゴリラの脳を付け替える実験をしているっぽい感じ?


【R】Roulette(ルーレット)マーヴィン・クレン(『パラサイト・クリーチャーズ』)

地下で深刻な顔をしてロシアンルーレットをするドイツ人男女3人。だがひとりが最後の一発で自分を撃たずに次の女性を撃ってズルを。そこへ足音が…


【S】Split(破局)フアン・マルティネス・モレノ(『人狼村』)

家で留守番をする妻と、家への侵入者、電話ごしに心配する出張中の夫の三者を描く。実は夫の浮気相手の「男」が「侵入者の女」の夫だったため、復讐のために家に侵入して妻を殺したというものでした。


【T】Torture Porn(残虐ポルノ)ジェン・ソスカ&シルヴィア・ソスカ(『アメリカン・ドクターX』)

ポルノに出演させられている女優が実は怪物で、撮影スタッフたちを皆殺しにする。


【U】Utopia(ユートピア)ヴィンチェンゾ・ナタリ(『CUBE』)

“美”意識が異様に高い世界で、ブサメンが移動式火葬車で火葬にされる。


【V】Vacation(バカンス)ジェローム・セイブル(『絶叫のオペラ座へようこそ』)

旅先で売春婦を買った男二人組が、売春婦をからかい過ぎて二人とも殺される。


【W】Wish(願い)スティーヴン・コスタンスキ(『ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』『マンボーグ』)

オモチャの世界に入り込んだ少年たちがおっさんヒーロー:ファンタジ-マンに出会う。ファンタジックには作られていない所がさすがコスタンスキ監督。


【X】Xylophone(木琴)アレクサンドル・バスティロ&ジュリアン・モーリー(『屋敷女』『リヴィッド』)

木琴で遊ぶ天使のようなかわいい孫と留守番する祖母…孫の木琴の演奏に苛立ったババアが孫をグチャグチャにして、孫の肋骨で木琴をする。ベアトリス・ダル老けたなー。


【Y】Youth(若さ)梅沢壮一

スマホに両親への怒りのメールを書くリストカット女子高生が、自作の詩を朗読して最後は反抗する。


【Z】Zygote(受精卵)クリス・ナッシュ

臨月の妻を残して出ていく夫。その後女は自分の娘を胎内に宿したまま大きく育てる。お腹の中で何かが動く様子とか、口から骨と内臓をすべて吐き出したりとか、特殊メイクが凄まじい。


全体的に見て、前作同様いいのは数本しかない。
なぜかゲイネタ、殺しました→だから?が多い。
俳優たちの熱演と、今まで見たこともないCGの使い方でなぜかぐいぐい脳内で押して来るのが【L】の遺物だったり。普通にみてて面白い、ヘルレイザーチックな【D】の駆除とか、【X】の木琴は振り切れててグロってた。【I】の無敵、【Z】の受精卵も面白い。【G】の祖父は変態ぶりが怖い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。