いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

映画 ひみつのアッコちゃん

【概略】
アッコはメイクやオシャレが大好きな22歳の女の子。アルバイト先のエリート社員・尚人との間に仄かな恋心が芽生えるが、彼女には尚人に絶対言えない秘密があった。
ロマンス


.0★★★☆☆
赤塚不二夫原作の少女漫画の映画化、映画化はこれが初めて?
テクマクマヤコン テクマクマヤコン ○○にな~れ♪ …というフレーズと共に、主人公のアッコちゃんが希望の人間や職業になったりして人助けをしていく…といった作品だったように記憶しているけれど、今作では綾瀬はるかさんが大人のアッコちゃんを演じていて、そのぽや~とした雰囲気がどこか無邪気で実に可愛らしい。
アッコちゃんは実は10歳の小学5年生。大事なコンパクトを割ってしまったら、鏡の精が現れて、何にでも変身できる魔法のコンパクトをもらう。22歳の女子大生に変身したアッコちゃんは、大好きなお洒落やメイクをきっかけに、化粧品会社のエリート早瀬尚人と出会い、冬休み中アルバイトをすることに。
小学生が、「大好きなお洒落やメイク」ってどうなん?って思うけれど、今どきの小学生はこれが普通なんでしょうか?小学生のときからメイクなんてしてたら、せっかくのきれいな肌が荒れちゃうよ!したくなくても大人になったらしなければならないときが来るのにねえ。
中身がアッコちゃんで見た目が大人なのに、アッコちゃんだとブレない印象が残る演技はそれぞれ面白かったです。
中身が子供だからこそいえる発言や子供の無邪気な大人への憧れと、大人になってしまった私たちの感情がすれ違うほろ苦さも良い。シンプルな中に答えがあるってほんとかもだね。
今更アッコちゃん?どうなの?と思っていたけれど、でも気づくとニッコリしてしまうコメディタッチの娯楽作品だったので、面白かったです。守衛さんがいいとこもっていったけれどね(笑)あと小学生のアッコちゃんを演じた少女が抜群に可愛らしかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。