いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

EXILE 終末の子供たち

【概略】
広大な砂漠に隔離され、日夜“天使の教義”を唱えさせられる日々を送っていた子どもたちは脱走を計画するが、それは残酷な戦いの始まりだった…。
SF


.0★★☆☆☆
エイリアン襲来で壊滅した地球を舞台に、子供たちのサバイバルを描いたSFスリラーな「蝿の王」…的ななんやかんや。
独特の世界観で蝿の王でもなんでもないなと思ったのですが、裸になって堕ちた母親に手をつかまれての股をひらいて「私とひとつに」がきもかったですわ。彼らが言う「融合」に失敗するシーンですね。
庭で両親がいたというシーンもきもい。
虫と割れ目を合わせる事も禁止。この虫と割れ目と言うのは言わずもがな、…な行為ですわよ。
生き残った僅かな人類はこの世界に適応する為、「進化」を強いられる。一方、広大な砂漠に隔離された子供たちは、自分たちがなぜ選ばれたのかそして何をされるのか、何も知らない。日毎夜毎、天使の教義を唱えさせられる彼等は、いつしか狂気に苛まれてしまう。
堕ちたデビットは外の人間とふれあい、妊娠が全ての鍵になっていると知るのである。天使たちは自分たちの子供だけを残したいのだ。つまり最初の母親が殺されたのは妊娠していたからで、戦争をもくろんだ罪で殺されたローレンも妊娠していた。
わかりにくいですが設定としてはいいものもあるんだけど、演出が多分下手なんですかね。うねうねの「天使」たちがきもかったですねー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。