いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

L・DK

【概略】
恋に奥手な女子高生・西森葵と学校一のイケメン・久我山柊聖。あるハプニングから同居することになったふたりの秘密の生活と恋の行方を描く。
ロマンス


.0★★☆☆☆
ないわ、ハイ終了~。…といきたいところだけど。
ネタ的に借りてみたものの、ゴーリキーがヒロインってだけで、私含めて多分多くの人が観る気なくしてたと思うので、普通に書いてみる。
別フレの少女漫画なので、ありえない設定といねーよ、てなキャラクター設定で乙女胸キュンを狙っていると思うのですが、まずキャストよりも脚本がだめだろう。キャーキャー言われてる学校一のイケメン(笑)の描写も笑えました。
ボーイッシュを封印して女子高生を演じているゴーリキー。しかも彼女(ヒロイン)に恋している大学生まで現われて…。しかし途中から女子高生からゴーリキーに戻っちゃう(髪の毛が)のですが、これなんで?それに序盤に目を見開くシーンがあるのですが、細目すぎて開いたんだか開いてないんだかよくわからん…というのは嘘ですけど、少なくとも見開いたようには見えず。
迎えるのは「壁ドン」ですわな。ヒロイン・葵が起こしたボヤ騒ぎがきっかけで急遽、同居することになるイケメンとの恋に、あたふたすると言う話なのですが、この設定からして無理やり感が漂う…。
最初から、色眼鏡で見てるってのは確かにあるけど、お話自体は普通の少女漫画。キュン度は低め。だがキュンする人はするでしょう、自分に置き換えて。私はやっぱりゴーリキー(ロボットの呼び方みたいだ)の合わないキャラにキュンする事は全くなかった。ストーリーもちょっと古臭さを感じる王道路線だよね?これ(突飛な同居を経ての普通な七夕キスとか)。親友の役の子がヒロインでも良かった気もする。
漫画みたいな(原作は漫画ですが)真っ直ぐな性格の役柄が、なんだろう合わないんだな。でも、だったら彼女にはどんな役が合うのだろうか。演技が大根でも「高校デビュー」の大野いとさんは好感度大で作品も面白かった。そういう例もあるのだから、根本的にこの作品とゴーリキーが合ってないということなんだろう。
いつかは「どうせゴーリキーだろ」と気が抜けながら観ている人たちをあっと言わせて欲しいものだ。

…なにこれこの頑張れゴーリキーみたいな展開。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。