いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

エルム街の悪夢

【概略】
焼け爛れた顔をして、人の見る夢を自由に操れる殺人鬼フレディ。その悪夢の中に住む殺人鬼フレディが、若者たちを襲う。
ホラー


.0★★★☆☆
焼け爛れた顔をして、人の見る夢を自由に操れる殺人鬼フレディ。その悪夢の中に住む殺人鬼フレディが、若者たちを襲う「エルム街の悪夢」シリーズ第1弾のホラー作品。
完成度が高い。今見ても十分面白い作品になっています。「現実と夢の境界が曖昧になる」という演出が非常に斬新で、シリーズとしてはだんだんコミカルになっていく殺人鬼フレディが、まだ殺人鬼として怖い人物として描かれているのがまたよろしい。
学校でナンシーが夢を見て、死んだティナが死体袋に入ったまま立っているシーンは怖いと思うし、ナンシーのお隣のボーイフレンドのベッドの真ん中に引き込まれて血が天井にドバーなシーンも驚きがある。なにせ、眠ったら殺される、という人間の本能にうったえる映画で、眠っちゃだめ…と思いつつ気付いたら悪夢に引き込まれているというのがとても良いのだ。
ラストは賛否両論あるそうですが、まあ~悪夢の迷宮の出口はあるのかどうなのかってところでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。