いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

エレクトリック・ミスト -霧の捜査線-

【概略】
刑事のデイヴは、若い女性を狙った連続レイプ殺人犯を追っていた。ある日彼は事件現場からの帰路、南北戦争の映画撮影に来ていた俳優・エルロッドと出会い…。
アクション


.0★★☆☆☆
トミー・リー・ジョーンズ主演。絶対吹き替えで観ちゃいけない!!これ、絶対。
サクサク進むのですが、ちょっと置いてきぼり感のある作品ですねこれ。長い話を無理にコンパクトにしようとしたみたいに。
売春婦チェリーのレイプ殺人事件を捜査していたデイヴは、飲酒運転で俳優のエルロッドを捕まえた事から、湿地帯で鎖につながれた白骨死体が埋まっていたことを知らされる。デイヴは少年の頃、その場所で黒人が射殺されるのを目撃していた。当時の警察はとりあってくれなかったので忘れ去られていたのだけれど、彼は2つの事件を捜査していくことになるんですね。そして二人目の少女の遺体があがり…。
台風の残骸や、南北戦争に詳しくないのでわかりませんが南軍と因縁が深い場所なんでしょうか?南軍の将軍たちの幻想が出てきましたね。ラストは、デーブの娘が誘拐されてその救出と合わせて二つの事件を解決するデイヴという図。
連続殺人事件を追う刑事というわかりやすい設定ながら、濃い霧の中にいるような感じの作品だった。事件は解決するんだけど、なんだかもやもやしてスッキリしなかった。動機の部分が出てこなかったからかな~?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。