いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ザ・ドア 交差する世界

【概略】
不倫中に娘を事故で亡くし、妻に愛想を尽かされすべてを失った画家・ダビッド。自暴自棄になり自殺を試みた彼は不思議な扉を発見する。それは何と娘を事故で亡くしたあの日に繋がっていた。
SF


マッツ・ミケルセン主演。マッツ・ミケルセンの全体の雰囲気がなんだか好きなのです。
二つの時間をつなぐ扉― 男が選ぶのは、過去か、未来か?
不倫中に娘をプール事故で亡くし自暴自棄になっていたある日、ダビッドは不思議な扉を発見する。それはなんと、娘を事故で失ったあの日へとつながっていた。必死の思いで扉の向こう側の娘を事故から救い出すことに成功するも、不審者と思われ襲いかかってきた人物ともみ合いになる。必死で抵抗したダビッドは、勢い余って相手を刺し殺してしまうが、その相手はなんと自分だった。
マッツ・ミケルセンが謎のトンネル=ドアを通ってパラレルワールドに迷いこんでから、娘を亡くしたことを帳消しにできて、5年前からやり直せるかも!と思うところがなかなか良いです。
設定としては5年の時の流れがあるというのが面白いところでしょうか。あくまで、パラレルワールドなんですね。過去に戻ったわけではない。
守護天使の話をして娘にパパが入れ替わったんだと説明するダヴィッドはせつない…。

隣人がなぜか協力的で、ダヴィッドを殺した事を妻に全部話すという親友を殺してしまう。彼はまるで管理者のようであった。「お前の世界はもうこっちだ」と…。実は彼もあの扉を見つけてこちら側に来た人間だった。
後半のマヤの決断は、5年ずれた世界があることが前提で、誰しもが失った5年前の幸せな日常を願っているのだ。日常が入れ替わっていく。近所の人間たちがみな5年後の彼らへと変わっていく。
時の流れという残酷なものにすがる彼らはみな間違っているのだろう、でも悲しみのあまりそうせざるを得なかった。愛する妻子のために、子のために、5年前の二人を5年後へ逃がすダヴィッドと妻…凄く切ないお話で、でも一瞬でも愛するものを抱きしめられたのは幸せなことだ。好み系の話でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。