いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

X-ファイル:真実を求めて

【概略】
FBI女性捜査官の失踪事件が発生。事件に超常現象の陰を感じ取ったFBIは、かつてX-ファイル担当だったモルダーとスカリーに捜査協力を依頼するが…。
SF


.0★★★☆☆
あ、あの最終回の続きというわけではないんですね。人類滅亡は2012年…でしたっけ?
モルダーとスカリーが帰ってきた!!!私ドラマ全部見てるんですよ、終章まで。が、これは面白くない…。むしろ眠かった。
「現代のフランケンシュタイン事件」とつけられてましたけど、Xファイルでなければならない部分が神父のヴィジョンが見えるという部分だけで、あとは完全に普通のサスペンスものでしたね。
フランケンシュタイン…つまり人体をつなげて完ぺきな人間(この作品の場合愛する人を健康な体で復活)にするという部分に関しても描写がいまいちで、ロシア政府や会社が影で支援している大犯罪なんだろうけど、伝わってこず…
この作品は絶対に必要だったのか?と思ってしまいますね。モルダーが殺人容疑をかけられFBIを追われているというのも捜査官失踪事件の協力で白紙、いいの?こんなので。ここでモルダーでなければならない理由がでてきてましたがそれもお粗末でした…。だいたい、他捜査官と仲良くやってるのって凄く違和感があります。現役だけでどうにかなる事ではないのか?とかツッコミどころ満載。映画ではなくスペシャルドラマなんかで見るような作品でしたね~残念。見ながら弟と2人で「これいつ宇宙人でてくんの?」「最後じゃね?」「あ~~きっとこの神父さんが氷の上に両手挙げてひざついたら、きっと円盤がゴゴゴゴと…!」なんて会話してました。全然違ったーー!!!
それにしても、老けたわね… >< ふとしたときの顔の影や表情なんかにそれが出ていましたね。スキナー長官がでてきたのはちょっとニヤリとしました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。