いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

エコール

【概略】
外界から遮断された深い森の中に存在する秘密の学校・エコール。そこで生活する6歳から12歳までの純粋無垢な少女たちの日常生活を綴る。
ドラマ


.0★★★☆☆
大人に孵化する前の、純粋無垢な少女たちの世界。
少女時代の純性を描いた作品で、決してペドフィリア的な作品ではないですね。少々足フェチな部分はありますが。
森の中の学校という雰囲気は、なにやら怪しくそしてちょっとファンタジック。集められた少女達は6~12歳くらいまでで、主人公イリスは棺にいれられて運ばれてきた。この時点でもう不自然さでいっぱいなのですが、決められてるという色のリボンを主人公に巻いていくシーン、巻き過ぎでちょっと笑ってしまいました。だってなんか失礼ながら似合ってないし。
これも作中演出に意味を求めてはいけない作品のひとつかなと思います。少女達のいる風景がまるで絵画のよう。
幼い美への憧れ、性への目覚めと気恥ずかしさ、外の世界への憧れ。昔少女だった女性たちなら、共感出来る所があるんじゃないでしょうか。
彼女達がまとう服がすべて真っ白なのも無垢を現しているのかと思います。習うのは生物とダンスのみで、美しさを「成長」させているかのよう。少女達がこの施設を出た後どこへいくのかわからないまま終わる所が少々もやもやしますが、曖昧で謎だからこそ不気味で面白いのかもしれない。でも「服従こそが幸福への道なのよ」も意味深だよね。美しい子を選ぶ訳も。どこか無機質な映像が儚く残酷です。
どこかで見た顔だと思ったらマリオン・コティヤールさんがダンスの教員を演じていましたね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。