いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

エアポート2011

【概略】
最新鋭のシステムを搭載したジャンボジェット機が突如テロ組織にハイジャックされる。犯人の要求が米国政府に伝えられるが、機長が自分の弟であると知った大統領は決断を迷う。さらに機長の家族が組織に誘拐され…。
パニック


.0★★☆☆☆
勝手にシリーズ化されてる航空機ものです。今年度だから2011、ただそれだけです。
案の定航空機ものにありがちの展開…ハイジャックされるのですが、なぜか最新鋭高性能の航空機らしく、ミサイル撃退システムなんかもついています(なんの必要性が…)「なんだいまのは」ってほんとだよ^; また、機長の家族も誘拐され、下と上空とで問題あり。守り手側の合衆国は衛星からのレーザー兵器を使用したり。でも反れて、全然関係のない街を破壊してしまいます。また損傷した機体部分やミサイルが街に降ってしまいます。
それにしてもハイジャックが終わったときに乗客に何も知らせないのね。
TVMなので映像もストーリーも安直ですが、わかってて借りているのでこんなものではないでしょうか、それなりにハラハラ出来ました。OPは結構好きでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。