いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

エンド・オブ・キングダム

【概略】
ホワイトハウス陥落から2年後、英首相が不可解な死を遂げ、ロンドンで大規模な葬儀が開かれる。だが、超厳戒態勢が敷かれる中で同時多発テロが勃発し…。
アクション


.5★★★☆☆
最凶最悪の同時多発テロ。標的は、“世界"――
「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編。ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマンさんらも続投。
非常事態宣言下のロンドンの街で繰り広げられる決死の逃亡と救出劇。ホワイトハウスもおちたんですから、もうなんでもありでしょうってのはありますよね~。
ロンドンに集まった世界各国の首相がテロリストらによって次々と殺され、生き残ったのはアメリカ大統領だけとか、壊滅状態の町並み、護衛官および警備員、市民の殆どがテロリストという「おいそれはないだろ」な驚きの設定がとっても不自然である意味凄く面白かった。まじか!な驚き?
そしてやはり一番の見所は、主人公マイク演じるジェラルド・バトラーの屈強なタフさで、絶対死にそうにないダイハード的なところだよね!ここはもうシリーズのお約束だよ。
非現実的な設定と現実味のある部分の比較もなかなか面白い。まあわかりやすいアメリカ万歳映画ですが、他国の首脳たちの描き方が特徴的でした。
マイクも父親になるという節目もあって、名付け親にリンを頼んだが、彼女はヘリが墜落したときに亡くなる。
時間が短尺でテンポがいいのも良い。カーチェイスも派手だし、ヘリVSスティンガーとか、対空戦も手に汗握る。「今から被弾します。衝撃に備えて下さい」とかマイク超冷静なのな!ど迫力のアクションは変わらず、大統領の公開処刑を阻止する話。肉弾戦、銃撃戦、最強すぎるだろう、このSP。本作もかっこよかったし面白かった~。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。