いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

YES/NO イエス・ノー

【概略】
結婚したばかりのジャックは、目覚めると無機質な密室に閉じ込められていた。妻のケイトも同じ状況にあり、ふたりは何者かによる一方的な質問に答えることを強いられる。
スリラー


.0★★★☆☆
愛する相手の知らない一面を知った時、いままでと同じように愛せるだろうか?
新婚夫婦が、無機質な四角い部屋に閉じ込められ「相手を信じるか」などという質問にイエスかノーで答えるよう強要される。答えによっては様々な罰がある(解答によっては、睡眠時間を失ったり、脚を麻痺させられるような事態になる)といった極端な設定の元、精神的な苦痛が中心の作品でした。これはカップルでみたらきついだろうなあ。
この夫婦はそれぞれややこしい問題を抱えていて、隠したい事柄が人並み以上にあるんですね。驚きなのは、二人の交際から結婚に至るまでの間の、色んな出来事がビデオにおさめられてそれを見せられた上での解答であるということ。しかもタチが悪いのは、質問ごとのビデオは一部しか見せておらず、答えを選択するまで続きを見せないというところ。めちゃ思わせぶり!
【その答えに『水』を賭けますか? Y/N】
【その答えに『足』を賭けますか? Y/N】
【その答えに『睡眠』を賭けますか? Y/N】
【その答えに『光』を賭けますか? Y/N】
質問にはちゃんと正解・不正解があり、まちがうと面倒になる。お互いに疑心暗鬼になるジャックとケイト。
ジャックは私のことより、お金が目的なの?ケイトのお腹の子は一体誰なんだ?
信じることで真実の愛が生まれる。「愛こそ真実」結局このプロジェクトが何なのかが良くわからないまま終わるのがなんともなあ。“真実の愛検証プログラム”とか言ってたけど、余計なお世話ってもんだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。