いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

生贄のジレンマ (上) (中) (下)


【概略】
卒業式の日、篠原が登校すると「1時間後にあなたたちは全員死にます」という校内放送が流れ…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
須賀健太君主演です。大きくなっちゃって…(お母さんかよ!と誰かのツッコミが入る)。髪形のせいか顔が太って見える。
ものすごいハズレ臭がしたのですが、借りてみました。
死と共に夢を語る青年たちの姿が、なんか眩しかったです。レイちゃん役の女の子が可愛かったですねー。無記名投票ならまだしも記名投票ってところがいやらしい。赤レーザー出てなかったのに後から出てくるのは詐欺だと思います!


(上)がつまらなかったのでどうしようかと思いましたが、最後まで観ることにしました。
涼子の策略にひっかかって誰もカーテン開けてみようと思わない不思議。あんな状況下で人の事信じすぎじゃないの!
(上)よりはちょっと盛り上がって面白くなったのですが、「救済」にひかれて多数が死亡する。あと土を掘ってトンネルを作って手首を切り落とすという案をひっぱるのがなあ…。
レイちゃんと義姉弟だったとはね!


この程度の内容で三部作として引っ張る必要があったのか…?と疑問に思わないでもない。
オイオイそんなに早く睡眠薬効かねえよ…とか、今更世界の滅亡物語だったのかよとか。「俺は結局何も出来なかった」とか。だいぶ前に飛び込んだ藤林が今更気がつくのとか遅いよー。
自分を犠牲にしても他人を救おうとする人が生き残るというレイちゃん言うところの「クソゲー」でした。下に飛び込んだのがなぜか屋上にいる不思議。詩織が生き返るのとかもおかしいだろー(投票しなかった上飛び込んだからOKってこと?)バグ過ぎるわー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。