いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

イーオン・フラックス

【概略】
品種改良によって発生したウィルスにより、人類の99%が死滅した2415年の世界。だが生き残った500万人の人類は、汚染された外界とは壁で隔てられた都市ブレーニャで圧制されながら暮らしていた。そんな政府に抵抗する反政府組織“モニカン”。そんな“モニカン”のひとり、イーオン・フラックスはブレーニャの支配階級の暗殺を命じられる…。
SFアクション


.0★★★☆☆
シャーリーズ・セロンはやはりきれいです。たんに美人ってだけじゃなくて役作りにとことんまで努力するところが好感持てる方ですよねー。
…が、アクションの見せ方が微妙(遠目か近目しかない)なので、どうもパッとしない作品になってしまっている気がする。とはいえ、S・セロンの見栄え(容貌しかり肢体しかり)が凄く良いので、華があるんですよね。独特の世界感もそう悪くはないです。
それよりも気になるのはなぜ和風なのかってことなんだけど。なにせイーオンのコスチュームがくのいちチックなんです。和洋おりまぜた世界観は、そのため不思議な雰囲気になっていましたね。
つまりはクローンの仮人生よりもたった一度だからこそ人は輝くってことなんだけど…。自然妊娠が増えているとはいえ課題は多そう。あ、でも政権はまだそのままだからトレバーが研究できるのか。圧制といったってすべて弟がやっていたことのようですし。トレバー役マートン・チョーカシュさんは私の好み系の方でしたー!
そういえば同時期に「ウルトラ・バイオレット」も確かでてたと思うんだけど、私としてはミラ姐さんの顔があまり好きではないのもあるしストーリー的にもこちらのほうが好きかなあ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。