いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

イップ・マン 誕生

【概略】
陳華順の下で武術の修業を始めた葉問。大学進学のために香港へと旅立ち、再び佛山に戻るが、街には戦争の影が忍び寄っていた。
アクション


.0★★★☆☆
ドニー・イェンさんが演じた「イップマン/序章・葉問」からさらに時代を遡り、若かりし日のイップ・マンの成長を描いた作品。でもドニーさん主演じゃなきゃやだー!やだやだー!(と、言ってみる)
さらに長男であるイップ・チュンさんが師匠役で出演。サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウさんなどが共演、主人公に新人のデニス・トーさん、スマートな印象ではあるのですが、なにぶんやはりドニーさんのイメージが強すぎてどうしても見比べてみてしまうのですが、ストーリーは相変わらず日本人が悪役で、格闘部分になると無難な作り。ただこれはドニーさんの超絶アクションがないので、その分簡素にみえてしまうだけかもしれない。
これはこれで面白かったですよ。青年期における修行や葛藤、新たな武術との出会いなど…押さえるところは押さえてあると思います。またデニス・トーさんがどこかドニー・イェンさんに印象が似てるのも、シリーズ作品として好ポイント。
さらに恋愛要素も絡めて描かれてあるのですが、これもそんなに邪魔にならなかった。尺もそんなに長くなくてテンポも良かったです。
若干迫力不足だけど格闘部分も普通に良く出来ていて、たまに本人デニス・トーさんが目をつぶりそうになってるのがちょっと笑えた。ぐるっと回ってパンチのところは良かったですね。
それにしてもイップ・チュンさんご高齢の割りに凄いね!感心しちゃった。しかし彼の元で学んだ事で詠春拳の正当・邪道の諍いが起こる事に。破門させるかどうか迷って3回勝負のところはコミカル要素。
ティンチーが運命の皮肉ってだけじゃなくて実は日本人だったってのはさすがにびっくりだったけど、ラストの子供のチュンがあの老人になるんだと考えるとなんだか素敵に思えました。歴史の、生きてる証がそこにいるんだなぁって。
レンタルの冒頭連続予告アジア3作が全部ドニーさん主演作品でなんだか笑えた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。