いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

【概略】
17歳のミアは、将来チェロ奏者になることを夢見る高校3年生。恋人アダムと仲のいい家族に励まされ、ジュリアード音楽院をめざし特訓する毎日だ。そんな彼女をある雪の朝、突然の悲劇が襲う。一家が乗った車がスリップ事故に遭い、一瞬にして家族を失ってしまったのだ。病院のベッドで昏睡状態で横たわる自分自身を見つめるミア。肉体から離れ魂となったミアには、ベッドの彼女を取り囲むおじいちゃんや恋人や親友が見えるのだった。事故から24時間、このままこの世に残るのか家族のもとへ旅立つのか辛い決断の時が迫る…。
ドラマ


.0★★★☆☆
ストーリーは簡単で、家族と車の事故にあったチェロ奏者の女子高生ミアが、こん睡状態で魂がはなれ、死んでしまった家族の事実を目の当たりにしながら、生きるか死ぬかの選択をする、というもの。
このミアをクロエ・グレース・モレッツ主演で実に初々しく演じられてます。クロエちゃんはキック・アスとかキャリーとか、可愛いのに恋愛ものには出演していなかったので、余計に初々しく感じちゃったかな。キスシーンも多くて、いかにも高校生ものっぽい、実際の等身大の彼女に近い感じだったのかもしれない。
ある日突然家族を失う悲劇に見舞われたとき――家族愛、友情、恋人との絆、など普段気に留めていない様々な人の思いに気づかされ、じんわりとした感動が胸に広がる物語となっています。
クロエちゃんの色んな仕草やコロコロ変わる表情、女子高生らしい演技などに目が釘付けな話に思えますが、時系列をいれかえることによって少女の日常を感じ取れる演出にもなっていたと思います。
また劇中で使われる曲もいい曲ばかりで、そこも良かったです。
はぁ~クロエちゃんも大人になったよ。。。←年寄り臭い発言。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。