いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

インシディアス 序章

【概略】
クインは亡くなった母との霊界交信をするため、霊能者・エリーズの下を訪れる。彼女はクインに霊が取り憑いていることに気付き…。
ホラー


.0★★★☆☆
気をつけて。一人に呼びかけると、全ての死者に聞こえてしまうから。
間接的な主人公はエリーズ(霊能者の人)。満身創痍のクインは主人公であり被害者。母親の霊に会いたいとエリーズに交霊を頼んだが…。
死者の住む世界の中でも、闇と光に分けられた世界がある。闇は生者がいくところではない。エリーズは夫の魂にコンタクトをとろうと、闇へいってしまい、そこから女の怨霊を一緒につれかえってしまった。だから「交霊は出来ない」。いつかその女に殺されるとわかってしまっているから。
エリーズは一度は彼女を助けようとするが、怨霊に殺されかかり諦めようとする。クイン家族は次に幽霊ハンター(特捜班)に頼むのだが、目の前でたちの悪い悪霊にクインが取り込まれているのを目撃、そのときエリーズがやってくる。交霊。このアパートに古くから住んでいる悪霊で「呼吸の出来ない男」。この怨霊は他の住民も殺していた。
エリーズは交霊を試み、「生きている人間のほうが死者よりも強い」をそのまんまもろに実行する。勿論、クインの亡くなった母親リリーや、亡くなったばかりの隣家の老女の助けを借りて。
全て無事に解決しおわった彼女は特捜班の男二人と組む事にする。エリーズにとりついてる悪霊はくだんの花嫁姿。ああ、このあと数年後に相対することになるあいつなんですね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。