いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

インシテミル 7日間のデス・ゲーム

【概略】
フリーターの結城ら10人の男女が時給11万2千円の高額バイトに参加するため、謎の施設“暗鬼館”を訪れる。
スリラー


.0★★☆☆☆
実際に時給11万2千円なんてバイトあったら私が応募したいわ、あぶな~い仕事じゃなかったらネ。
どう考えても金額からすると治験レベルなんてもんじゃない。あやしいの一言。
心理実験ものは色々あるけど、これは出演者は豪華だけど、内容はいまいちだった気がします。時代劇からは北大路さん、火サスからは片平なぎささんが参戦です!あとは、どうも「カイジ」とかぶってしまう藤原竜也さん。
インディアン人形は気味が悪く、ロボットもやな感じ。殺人によってみんなが疑心暗鬼になり、次第に追いつめられていくのだけど…。生き残るメンツはなんかわかっちゃうよね。
彼らの様子が携帯動画で見れてるのなんかは話題になりすぎて問題になったりしないのかな?それにいくらなんでも一億円捨てるかな~?ちょっと偽善になりすぎて、ラストは納得いかない!あと北大路さんにお金は?
武田真治さんの演技ががきれてましたねー。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。