いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

イン・セキュリティ ~危険な賭け~

【概略】
ホーム・セキュリティーのシステム会社を営むケヴィンとブルースは、システムの需要を上げようと自ら強盗を働く。作戦は成功するが、その魂胆を見抜かれて…。
コメディ


.0★★★☆☆
アメリカでも最も平和な町で、ホーム・セキュリティーのシステム会社を営むケヴィンとブルースは、利益をあげるために自ら町で強盗を働きシステムの需要を上げようとする。この作戦が大当たりし、飛ぶように契約が決まっていくのだが、まもなくドラッグ・ディーラーと警官に魂胆を見抜かれ、二人はついに追い詰められる。
治安を守るはずのセキュリティ会社が盗みを働くことで売上をあげるという、とんでもないアイデアを映画化した、ハチャメチャなコメディ・アクション。
要するに、知らぬ間にヤバい世界の男の家にまで踏み入って盗みを働いていた二人。当然、死ぬか生きるかの大トラブルに発展して…という展開になりますが、全体的にダラっとしてるので、あんまり緊迫感はなかったかな。しかし…。
ラストに種明かしが待っています。実は本作の内容は全部ただの作り話。嘘の武勇伝を聞かせたというオチなのです。物語の冒頭、どこかのリゾート地で客の一人がとんでも話を披露したのでそれに乗ったという感じなのでしょうね。
真剣に観るような映画ではありませんが、眠くなるような映画でもありませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。