いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》

【概略】
伝説とされていたアーク≪聖櫃≫の発掘を要請された考古学者・インディが、ナチス一派の陰謀に巻き込まれていく。
アドベンチャー


.0★★★★☆
説明いらないですよね~。
もう音楽だけで心が躍ります♪ 原点、第一作目です。テンポもよくわかりやすい。
冒頭から洞窟の中で謎に挑むインディ。鞭シーンもかっこいいよねえ!ほんと小さいときは彼に憧れました。当たり前だけど、4作目をみたあとじゃ、やはり全身締まって見えます。動きも俊敏だし…まるで 別人のようです
何度見ても面白い冒険アドベンチャーの傑作ですよ。
この作品では、モーセの十戒の「契約の箱」を巡り、ナチス軍と争奪戦を繰り広げます。
今見ると確かにVFX部分は確かにたいしたことないんですが、でもねえ…このスピード感のある物語性にはぐいぐいと引き込まれてしまいますよ。そしてそこがいい所でもあります♪ わかりやすいワイワイ感で、どこがというより、とにかく何よりほんと普通に面白いんですよ。
個人的に一番好きなシーンは、杖に光が当たるところです(わかるかな?)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。