いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

アンボーン

【概略】
女子大生のケイシーはある日、不吉な夢を見た。同じ頃、ベビーシッターをしている家の子供が突然暴れ出し、意味不明な言葉を叫んだ!「ジャンビーは生まれたい」。この日から次々と不気味な出来事が彼女に起こり始める。
ホラー


.0★★★☆☆
ゲイリー・オールドマンさんがでてました。
ヒロインのケイシーには実は母の体内で死んだ双子の弟がいたんですね。ディバックというこの世をさ迷う悪霊はこの世への入り口を探しており、そのため鏡のように対となる双子を狙っていると、実の祖母であったソフィに聞いたケイシーは、ラビの助けを借りて悪魔祓いの儀式を行おうとするという話です。
好き系の話で不気味な夢のシーンも良く出来ているし、戸棚キャーや首回転も悪くはないんだけど、若干展開が雑なのが気になります。古典的な蜘蛛歩きやぱっくり顔の裂けた母親や口の裂けた少年とかも不気味で、全体に静かな作品です。
儀式の途中で力のつけた悪霊が神父の体にはいるのだけど、死人のほかに憑依することでこの世への入り口を確保できるなら、狙う相手は双子じゃなくても良い気がします。けど、狙われるのは双子なんだよね、この場合の悪霊が生まれることが出来なかった「ジャンビー」だからでしょうか。ラストのオチは納得。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。