いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アレックス・ライダー

【概略】
アレックス・ライダーは、謎の死を遂げた叔父イアンが英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。幼い頃から語学や格闘技、射撃など、スパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに教えられていたアレックスは、その能力を買われて、史上最年少のMI6諜報員に。IT事業の成功者セイルのロンドン市民700万人抹殺計画を阻止するため、危険なミッションに挑む!!
アクション


.0★★★★☆
これ児童書のアレックス・ライダーシリーズですよね? 一作目の「ストームブレイカー」。以前原作シリーズをもっていました。
MI6の諜報員である叔父に育てられた14歳の少年アレックスは最年少ながら諜報員へ。叔父イアンをユアン・マクレガーが、テロリストをミッキー・ロークが演じています。まあ…ユアンは冒頭だけなんですけどもね^;
ヒーローというわけではないですが、イケメン+卓越した運動能力ってことで少年向けスパイアクション活劇と考えてもいいかな。ところどころに笑える要素もあって、マジメすぎないつくりは原作と同じ。なにより、アレックス役のアレックス・ぺティファーがこのとおり美形なんですわ!

子供がもっていてもおかしくないスパイグッズの数々は原作でも見所の1つでしたが、「ハリー・ポッター」がなかったのは残念。他には最新式のヨーヨー、ニキビクリーム、万年筆、任天堂DS(笑)
あまり期待していなかったのだけど、それを裏切る良作。テンポもよいし気軽にみれるしアクション面も良かったと思う。原作とは色々ちがうけど、爽快感もあるし面白いです!
続編もみたいけど…主役のぺティファーが成長してしまってるから、無理だね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。