いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

あしたのジョー

【概略】
昭和40年代。東京の下町で殺伐とした生活を送っていた矢吹丈は、少年院でチャンピオンレベルの力を持つプロボクサー・力石徹と運命の出会いを果たす。
アクション


.0★★★★☆
あしたのジョーといえば知らない人はいない漫画・アニメの作品です。私もアニメ作品は2シリーズ全巻借りて見ましたし(2シリーズ目の方が個人的には面白かった)、単行本も持っていました。
山下智久さんのジョーには案の定違和感があって、もっとニヒルさと茶目っ気の真ん中くらいの野生的なイメージがあったので、残念ですが最後まで違和感は拭えなかった。一方力石を演じた伊勢谷さんの減量苦の絞り込んだ肉体の悲壮感はなかなか合っていたと思います。あともう少し乾いた感じがでてれば凄く良かったと思う。しかし、展開はやッ。

製作決定とキャストの報を聞いたときには大丈夫かな^;と不安になったのですが、これが思ってた以上に良く出来てたんで安心しました。とくに力石徹役の伊勢谷さんが凄くよかったよね。原作やアニメを越えられないとは最初からわかっていたこと。そのぶんある意味安心して観れた気がする。

ボクシング映画ですからやはり試合のシーンが肝ですが、これもスローモーションによる顔面が歪む様を見せたり、殴打戦がそれらしく見えたり。何より物凄く鍛え抜かれた肉体に、にんまり。ただ、ボクシング技術に差がちらほらみえたのは残念ですが…仕方ないよね、本職じゃないんだから。それと力石戦にもう少し迫力があってもよかったかなとは思います。

香川照之さんは丹下段平にしか見えず、完全になりきっていましたね。有名台詞である「立て、立つんだ、ジョー!」もあったのは嬉しいところ。
ただ、時間が足りないので、それぞれの背景とキャラ同士の係わり合いがどうしても浅くなってしまっている、そこは残念な点です。マンモス西との友情や力石とのライバル関係などなど…物申すところも多分に残っている。でも、作品全体としては期待以上の出来だったんですよね。ただ、ラストは力石の死を乗り越えて戻ってくるのではなく、ジョーはそのまま消息不明のままでいてほしかったかもしれません。
この調子でカーロス・リベラ戦やホセ・メンドーサ戦(2シリーズ目:ジョーが燃え尽きる…)までぜひ観たいですね~これも時間足りなそう!…というか、ラストのオチ(死を乗り越えて戻ってきた)からして無理?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。