いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

アザーズ

【概略】
1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める…。
ホラー


.5★★★☆☆
案の定ラストに驚きました。
ヴィジュアル的なホラーではなく、霧に包まれた薄暗い館で迫ってくる恐怖。薄暗く霧がかった冷たい映像が、かなり雰囲気を出してます。
二コール・キッドマンもきれいだし子役たちの演技も怖い。この映画けっこう好きです。
怖い!!…というわけではないですが、閉鎖的な空間での精神的な恐怖はとってもいい感じ。雰囲気もありますし、また気づかないで生活している、その彼らの精神状態を考えるとそこは怖ろしいと感じる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。