いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

インモータルズ -神々の戦い-

【概略】
人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦いは光の神が勝利し、闇の神は奈落の奥底に封印された。時は流れ、古代ギリシアの時代。闇の力を手に入れ、世界を支配しようと野望を抱くハイペリオンが人類に対し宣戦布告。光の神が造った武器の一つであり、闇の神を解放するための重要なカギ“エピロスの弓”を捜し求めるハイペリオンは、軍隊を結集してギリシアの地を侵攻していく。弓がハイペリオンの手に落ちれば闇の神は復活し、人類の破滅も免れない。ハイペリオンの野望を阻止すべく、光の神の頂点に立つゼウスが選び出したのは、自らが鍛え上げた人間、テセウスだった…。
アクション


.5★★★☆☆
ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。
思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。
巫女オラクル(パイドラ)とテセウスの関係も良かった。なによりエピロスの弓の役立ちっぷりがスゲー!一回しか使わんけどね。
ゼウスは人間世界に手出しは無用といいつけてあったものの、人間たちを守るためにアテナやアレスが手助けに入ってしまう(言いつけに背いたアレスは死んでしまう…)。神の介入を知り、かつ弓を手に入れた変な兜のハイペリオンはタルタロス山まできてテセウスと交渉をするが、テセウスには母の仇であるハイペリオンの右腕となる事は到底受け入れられるものではなかった。

ルーク・エヴァンスさん(ゼウス)が男前だったわ~。主役のテセウスを演じたヘンリー・カヴィルさんもなかなかの男前、肉体美も素晴らしいです。
テセウスの士気をあげる「不滅の魂に!」の一連の言葉にはギリシャ兵士らと同じくなんか燃えた!そんななかでもスタブロスが味のあるキャラクターでとても良かったですね。
ハイペリオンはついにタイタン族を解放してしまい、神々が現れる。彼らの戦いは豪快で、四肢が切られ分断され血が飛ぶ(だがそこがいい!ストップ&モーションが映える)。一方士気のあがったギリシャ軍は通路で、テセウスもハイペリオンと戦っていた。どちらも辛勝という感じだったけれど、ラストで少年アカマスが視たものは、天空で戦う父と神々たちの姿だった、というところもいいですね。
ただ、物語としては、圧倒的に物足りない!!テセウスの戦いも、驚嘆するようなバトルシーンは神々担当だったためか影が薄い(神話のとおりミノタウロスとの戦いはあるが…)。それもどの戦いにしろ強引に決着をつけてしまっている印象が強く(とくに神)、とにかく物足らなさが後を引いた。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。