いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

美しい妹

【概略】
外見はそっくりだが内面は真逆な双子のマリーとリュシーは、互いを嫌悪する不仲な姉妹だった。そんなある日、リュシーが謎の自殺を遂げ…。
サスペンス


.0★★☆☆☆
双子の姉妹…死んだ妹になりかわり、姉は妹の人生を生きる…
誰でも違う自分になりたいって思ったことってありますよね。たとえそれが自分とは完全に逆の人間であっても。姉のマリーは妹リュシーが死んだ際に自分がリュシーであったかのように振る舞い、入れ替わる。妹の派手な生活に隠れた裏の生活や、成りすますことで揺らぐ「自分」に耐えられなくなったマリーは…という話。マリオン・コティヤールはとても可愛くてきれいです。
マリーの歌う「美しいもの」の歌(ラストのコンサートの歌です)は、まさに自分と妹それから自分の心境を切実に訴えてくるもの。でも、結局マリーは何になりたかったのか、どうしたかったのか…その辺の描写が足りなかった気もします
マリーの「上品な」劣等感は凄く良くわかります…。女って大変ですよね!素のままの自分ではいられない、「組織」に組み込まれるんですよ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。