いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

【概略】
世界中の魔法動物を集めている変わり者の魔法使い・ニュート。ある日、彼のトランクから魔法動物が逃げ出し、ニュートは人間界と魔法界を救うべく大冒険を繰り広げる。
ファンタジー


.5★★★☆☆


魔法使いのニュート・スキャマンダーは、優秀だけどおっちょこちょい、そして魔法動物をこよなく愛する変わり者ー。世界中を旅しては魔法動物を研究し、不思議なトランクの中に保護している。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、ひょんなことから自分のトランクが普通の人間(ノー・マジ)のトランクと入れ替わってしまう!
トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に…。
ハリポタの中でも教科書として扱われ、実際に本として売却されている「幻の動物とその生息地」(著者は、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー、このシリーズの主人公ですね)を持っていたんですが、今はもう自宅にないんです…。残念、こまかい描写とか楽しめたのかもなのに。
エディ・レッドメインさんの特徴ある雰囲気が独特で、少年のようなオタクぶりが魅力的。ただ、ストーリー展開はハリポタのようないかにもなわかりやすいファンタジーとはちょっと違った。
実は、青年クリーデンスが危険なオブスキュラスを生む者だったのだけれど(普通は小さな子供にしかオブスキュラスは巣くわない)、彼を救えそうだったのが、以前少女からオブキュラスを引き離した事のあるニュートだけ。しかし、そこに調査部のグレイブスの邪魔がはいり…。
鞄の中の世界はとても素敵で映像は凄かったですねー。街の全員の記憶を消すのに、巨鳥の能力の雨を使うとか、魔法生物を使った戦闘方法など、そういった面はとても面白くみました。パン屋を開きたいおっさんもいい味出してましたね。
ダンブルドアの最愛の相手、闇堕ちしたゲラート・グリンデルバルドがラストでグレイブスのコリン・ファレルから変身して登場しましたが…えっジョニデ?配役の合わなさにぽかーんとなったのは私だけでしょうか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。