いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

小川の辺

【概略】
藩政を痛烈に批判して脱藩した佐久間を討つよう命じられた海坂藩士・戌井朔之助。しかし、佐久間は朔之助の親友であり、妹・田鶴の夫であった。
時代劇


.0★★★★☆
原作は、奉公人・新蔵と田鶴の恋心と、二人は想いを寄せていたのではないかと回想する朔之助の図という作品でした。他にもいい作品がたくさんあるのになんでわざわざこの作品が映像化されたんだろう?三すくみの関係が良かったのだろうか。藤沢周平ファンとしては作品の映像化は嬉しいものの、何でこの作品が?というのもあるのでそこらへんが謎だ。
これは菊池凛子さんがミスキャスト。気性の激しい女子という設定でそれは合っているかのようにみえますが、原作の花のようだと思われるシーンなどからもイメージが合わない(ついでにカツラも似合わない)。
主命は妹の夫を討つことだった。正義を貫いて謹慎処分が下った佐久間、だが彼は妻を連れて脱藩した。それは妹・田鶴がそそのかしたとも思えた。討手が病気で戻ってきて、新たな討手に朔之助が決まり、朔之助は新蔵を連れて旅に出た。
原作ではしょられていた仕合のシーンが映像化されているのは嬉しい所ですね。「斬りあいは長かった」「精根を尽き果たしている」とは文章にされていましたが、どのような剣技(佐久間は小車という不伝流の秘伝を使う)、仕合であったのか気になる所でありました。また、海坂藩から江戸までの道中の美しい景色も見所。ただ途中で何度か藩内の自宅でのシーンがありますが、あれはテンポを悪くする余計なシーンだったと思う。
幼い頃の思い出と、ラストのシーンが重なる。個人的には、原作でもあった「新蔵、それは何の真似だ」と新蔵が主である朔之助にむかって脇差を抜いていたシーンが好きです。身分違いの恋を胸に秘めた彼の心情にも心打たれます。
「田鶴のことはおまえに任せる」と懐から財布を抜き出して渡すシーンはありませんでしたね。ただラストの少し微笑んだ表情で、肩の荷が下りた事を暗示させるラストでもありました。
東山紀之さんは相変わらずカツラが似合う、ちょっときれいすぎるけどね。佇まいは勿論、演技力もついてきていて安定感さえありますね。妻・幾久役の女優さんが雰囲気がとても良かったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。