いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

鴛鴦歌合戦

【概略】
長屋に住む貧乏浪人・禮三郎と、彼に想いを寄せる3人の娘たちの恋の鞘当てを軽快な音楽と共に描く。
ラブコメ・ミュージカル


.0★★★☆☆
「おしどり歌合戦」と読みます。オペレッタ時代劇、戦前のエンタメ作品です。
志村喬さんの歌声がまじうま!歌手デビューを勧められたってまじ話かもですねえ。全体に明るい軽いノリで貧乏浪人をめぐる恋の鞘あてが描かれていきます。お春の「ちぇっ」とか、バカ殿の「ぼくはおしゃれな殿様♪」がウケた。

禮三郎とお春はお互い想い合ってる仲。しかし禮三郎の許婚者の藤尾、同じく禮三郎に恋するお富と、お春は競う事に。また骨董狂いのお春の父と、同じく骨董マニアでお春を見初めるバカ殿・峯澤丹波守の様子も可笑しい。
歌は古いし映像も古臭かったですが(字幕もなし)、これが戦前につくられていたというのが凄いですよね。
尺は60分程度なので軽く見られたところも良かったです。「恋わずらい」とか久々に聞いた単語だ(笑)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。