いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです。個人の感想なのでネタバレしています。

オフィサー・ダウン

【概略】
キャラハンは、2年前までナイトクラブに入り浸り、コカイン取引にも手を染める悪徳刑事だったが、ある事件をきっかけに、今は真っ当に職務をこなし家族と幸せな暮らしを送っていた。ある日、命懸けで逮捕した連続殺人犯が現役警官だったことで事件がもみ消しされ、やり場のない思いを抱くキャラハンのもとに、かつて銃弾を受け瀕死の自分を救ったセルゲイと名乗る男からある依頼を受ける。それは、キャラハンと因縁深いウォーカーのナイトクラブでストリッパーとして働く娘の命を奪った者たちへの復讐だった…。
アクション


.0★★★☆☆
スティーヴン・ドーフさん主演。
キャラハンは、2年前に命を助けてくれた事のある男性から、娘の日記を受け取った。その中にあったのは、葛藤しながらも学費を稼ぐためにストリップクラブで内緒で働く彼女の、苦痛の日々と暴行された記録だった。
自らの過去と現在が交差するお話で、「存在しなくてもいい人間」と思われていた男が実は違う分署の刑事だった。キャラハンは知らずに彼を撃ち殺してしまっていた…。
そして、2年前に命を助けてくれた男の身元は別人だった!射殺してしまったローグの車が使われていたことを不審に思ったキャラハンは彼の自宅へ向かう。そこには自分を調べていたローグの調査のすべてが残されていた。
堕落の道から一転、TVに出て署のヒーローになり更正した自分。死を覚悟し、警官が撃たれたと連絡してから全ての黒幕のもとへ…。
一番の悪は、署の品位ではなく保身に走り隠蔽を図った上司だろうね。ローグが堕落した悪の道を進んでいたキャラハンの所業をつきとめたときも、キャラハンがちょうどTVで自分を救ってくれた人物を探し美談とされていたから、不問にされた。「機会」が与えられたものは、選択しなければならないんだな。そしてキャラハンは「選択」した。
海外ドラマ「BONES」でブース役の俳優さんが同僚刑事役で出ていました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。