いやいやえん

映画・DVDの感想ブログです
個人の感想なのでネタバレしています

怨霊の森

【概略】
薄暗い森に囲まれる全寮制の高校に転入したヘザー。厳しい規律と皆の奇妙な行動。そして夜毎森から聞こえる不気味な声に反応するかのように、一人、また一人と生徒が姿を消すのだった。やがて学園と森とを結ぶ恐ろしい過去の封印が解かれた時、ヘザーは恐怖の底へと引きずり込まれていく…。
ホラー


.0★★★★☆
森に囲まれた全寮制の女子校、「怨霊に取り憑かれた森に、少女が一人、また一人消えていく…」という説明、これだけで結構ぐっと来る人もいるはず。全寮制の女子校ってだけでもうオドロオドロしさありますし(笑)
思春期や少女時代の不安定さなんかをテーマにした作品です。どこか古めいていてかっちりした感じなのは1960年代の設定だからなんですね。こういったのにありがちの中心グループのいじめなんかも勿論あります。これけっこう面白かったな~。
首をびくっと振るわせる先生と校長の一見上品そうなのっぺりとした顔は不気味だし、この学校がまた実に厳しい…。森の中の魔女3姉妹の伝説が浸透しているこの学園内でヒロインのヘザーに語りかけてくる解放を願う声。先生は全てグル、あの記号だらけのよくわからない試験で「能力」の適正を調べていて、合致した少女は森にささげられる。
「ミルクを飲んではだめよ」。そういえばサマンサは序盤でマーシーのミルクをわざとぶちまける苛めをしていたけど、あれって実はっここの伏線で苛めではなかったんだね
独特の空気感がいいですね~タイトルの「怨霊」は全然関係ないけど。
お父さんが突然目覚めるのは「えっなにこれ」と思ったんだけど、そのあとのヒロインが斧を振り回すのはまたある意味でビックリです。結構簡単に始末つけたな…。
そうそうマーシー役の女優さん、谷村美月さんに似てませんか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。